小学生向けプログラミング教室・ロボット教室は子ども達が対象となる体験型の学習スタイル

近い将来、子どもたちは学校でPC(コンピュータ)を利用した「プログラミング」を学ぶことになります。
子どもたちが学校で学ぶ学習の内容は、基本的に学習指導要領によって定められています。学習指導要領に改変があると、学校での授業内容もがらりと変わってしまうことがあります。
近年ではゆとり教育が終了し、学習内容が多くなったことが記憶に新しいのではないでしょうか。
次に学習指導要領に大きな改変があるのは、2020年の予定です。すでにその内容は決まっており、もっとも大きな変化は英語教育の早期化とプログラミング教育への取り組みと言われています。